2011年06月04日

バッテリーテスター

20110604104120.jpg
バッテリーのコンディションを点検するテスターは星の数ほどあります。
ほとんどのお店(整備工場やGSなど)では、バッテリーに負荷をかけて電圧降下をなどを測定するタイプを使用されています。
しかし、このタイプの欠点としては、まだ十分に使用できるバッテリーであっても“要交換”と表示される場合が多々あります。
よっぽどパワーのあるバッテリーでないと、基本的に負荷かけると大きな電圧降下を発生します。
また、旧来の比重計で測定しても、良否の判定のほんの小さな参考までにしかなりません。

そこで、このテスターです。
これは、CCA(コールドクランキングアンペア)を測定できるテスターです。
CCA?
詳しく説明しますと長くなりますので省略しますが、ごく簡単に言いますとバッテリーのコンディションを一番端的に判断できる単位と言うことになります。
言い換えますと、今の電子装備満載のクルマに搭載されているバッテリーコンディションを把握するためには、CCAを測定できなければ意味がありません。
追い充電して電圧は12V以上で比重も十分!
けど、翌日にはバッテリーが上がってしまった…
なんてトラブルは、このテスターで測定すると、ほぼ解消できます。
また、バッテリー交換が必要な時期も、かなりの精度で判定できますので、お客様の不要な出費を抑えることができます。

当社では分解整備付き車検でお預かりしたお車には、このテスターでの点検も含んでおります。
また、前の交換から2〜3年経って、そろそろヤバイな…と心配されているお客様には無料でテストを実施しております。

いつでもお越し下さいませ。

info@yamano-motor.com
posted by staff at 11:13| Comment(0) | 整備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。