2011年04月29日

ヘッドライトの曇り除去

2011042909080000.jpg
年々、透明感がなくなっていくヘッドライトのレンズ。
いくらボディが綺麗でも、ここが曇っているとフェイスの締りが悪く感じます。
昔の車は、ガラスでしたからこのようなことはあまり発生しませんでした。
しかし、今はコストの削減等の理由からほぼ100%がプラスティック素材で作られています。
曇りの原因としては…
1、紫外線からの変色を防ぐための保護膜の劣化(この要因がほとんど)
2、形成素材自体の劣化(こうなると交換しか手段はありません)
に大きく分かれます。
2011042909090000.jpg
そこで、レンズ表面をポリッシャーで研磨をし、劣化した保護膜を綺麗に落とします。
これだけで綺麗になりますが、なんせ保護膜を落としてるわけですから、今度は猛烈なスピードで曇りが発生します。
そこで当社では、ガラス系の紫外線防止コート剤を施す作業をしております。
2011042911270000.jpg
これで“顔面”が締まります!

作業時間 20〜30分
作業価格 3675円 左右(税込み)

劣化具合や一部車種によっては施工できない場合がございます。
事前にお問い合わせください。
【リフレッシュの最新記事】
posted by staff at 14:48| Comment(0) | リフレッシュ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。