2018年12月10日

保険の話 その24(FBアーカイブ版2017.7.24)

ご覧頂きまして、ありがとうございます!
過去、当社FBでご紹介した記事を不定期に更新します
20245533_1356901327696385_1565818803521221162_n.jpg
【エコノミー車両保険について】
さて・・・夏休みの時期になりました!
子供たちは暑い中元気に遊びまわり、日焼けしております(笑)
もちろん夏休みの宿題なんてものもありまして
その中でも「あさがおの観察日記」なるものがあるそうです。
毎日水やりをして観察して日記を書く。
懐かしいですねぇ・・・。

皆様の自動車保険に「車両保険」は付いておりますでしょうか?

「車両保険」とはその名の通りご契約している自動車自体の補償の事です。

「車庫入れの時に壁にぶつけてしまって・・・」

「高速を走っていたら小石が飛んできてガラスが割れてしまった」

自動車が何らかの原因で傷ついてしまったり、へこんでしまった時にご使用して修理代を保険会社がお支払いさせて頂きます。

「車両保険」と言いましても実際には2種類あるのです。

1つは「一般車両保険」と言いまして
自損事故(例・壁にぶつけてしまった等相手のいない事故)や車同士の事故、盗難・いたずらなど広い範囲をカバー致します。

もう一つは「エコノミー車両保険」(車対車+A)と呼ばれてまして
自損事故と相手のわからない当て逃げ事故は補償されません。
それ以外は一般車両と同じになりまして
車同士の事故や盗難・いたずら、飛び石などの破損など補償されます。
補償範囲は一般車両保険より狭くなる分、保険料がお安くなっております。

「もし車両保険を使用したら・・・」

一番気になる所ですが・・・

自損事故及び自動車同士の事故の場合は次回の更新の際に等級が3等級下がってしまいます。
その他の盗難・いたずら、飛び石での破損になりますと1等級下がってしまうのです。
そしてここ数年で割引制度の内容が変更になりました。

以前までは、例えば20等級の方が事故で使用して17等級になる割引率と16等級から無事故で17等級になる方の割引率が同じでした。
しかし現在は20等級から17等級になられた方には「保険使用での割引率」が3年間適応されるようになったのです!(1等級ダウンの方は1年間適応)
実際の率で言うと20等級の「63%割引」が17等級の「38%割引」になるのです(東京海上日動火災割引制度参照)
3年間適応になるので40%(2年目)42%(3年目)と適応されてからやっと元の63%割引に戻るのです。
そうなると車種や保険内容にもよるのですが保険を使う場合と使わない場合の保険料の差が出てきますよね?

「ちょっとバンパーをこすったので保険を使おうか」と言う場合ですと・・・

3年間の保険料が増える金額の方が多くなることもあります。
そう思うと一般車両保険ではなくエコノミー車両保険にして保険料を抑えて
自分でぶつけてしまった分は実費で直そうかな?という考え方も一つです。
しかし事故というものはいつどのように起こるかわかりませんし
私自身もお客様に「山野さん、どっちがいいですかね?」と聞かれると悩む所ではございます。
その場合もお客様のお車の使用状況や環境等をふまえて、お客様と共に考えご提案させて頂きます。

そうそう我が家の娘たちはこの時期になると嫁と一緒に嫁の実家に帰省しておりまして
今年は習い事等あるので大阪ー京都を電車で行き来するそうです。
あれ・・・?
あさがおの観察日記・・・毎日書けないんじゃないかな・・・?
どうするのでしょうか?(笑)

よろしければ、当社HPとFacebookにもお越しくださいませ!

当社ホームページ
http://yamano-motor.com/

当社、Facebook
https://www.facebook.com/yamanoautomoble/
posted by staff at 19:52| 日記