2018年06月05日

保険の話しその14(FBアーカイブ版2017.5.15)

ご覧頂きまして、ありがとうございます!
過去、当社FBでご紹介した記事を不定期に更新します。
18422963_1290050281048157_338271881976199655_o.jpg
【自賠責保険の話し】
先日TVで観たのですが、大阪の家庭にはたこ焼き器が必ずあって
大阪人で家にたこ焼き器が無くてひっくり返せない人は
「可哀そう」なんだそうです(笑)
いや・・・ウチにあってよかった(汗)

さて必ずと言うと皆様の乗っておられる自動車やバイクなどは「自賠責保険」にご加入していると思います。

「保険なんだから別で高い任意保険に入らなくてもいいんじゃないの?」

「自賠責保険で事故相手の修理費用もでるんでしょう?」

まず自賠責保険についてなのですが・・・

「対人賠償」しかございません!

物損事故の修理に関しては補償されないのです。
自賠責保険は事故相手の怪我の治療費などを補償するのですが
上限が120万円までとなっております。
治療費と別に相手の方の治療期間などでお支払いさせて頂きます「慰謝料」も含めての120万円になります。
お相手の方の怪我の被害が小さくて数回病院に通院した場合などは120万円以内で治まるケースもあります。
しかし長期に渡る治療の場合や、慰謝料等々によっては、思っているよりも早い段階で120万円を超えるのです!
その場合は120万円を超える部分をご加入の自動車保険でカバーさせて頂きますし
前述の様に対物賠償がございませんので、事故相手の方の自動車の修理等々も補償させて頂きます。
また自賠責保険の場合はお相手の治療費を立て替えたり、請求の為に資料を集めたり、請求書類を書いたりと手間がかかってしまいます。

自動車保険でご対応させて頂いた場合の対人賠償も実は自賠責保険を使用しているのです。
事故が起こった場合はまずご加入の保険代理店や保険会社に事故報告をし、事故相手に連絡を入れて貰ったり、怪我の補償や車の修理などを代わりに進めて貰いましょう。
しかしながら任意保険を使用すると次回の更新の時に保険料が上がってしまいますし、何でもかんでも保険を使用すると損をしてしまう事がございます。
保険会社に対応して貰って、最終的に自賠責の範囲内で示談が終了すれば
任意保険を使用した事にはなりませんし
相手の自動車の修理金額が高額でない場合は、現金でお支払いして頂いた方が良い場合もございます。

「保険会社に入ってもらうと来年の保険料が・・・」
と思わずに、ご加入の保険会社に入ってもらう事が一番であると思います。

ちなみに昨日たこ焼きをしたのですが、調子に乗って作り過ぎてしまい、今日のウチの嫁のお昼ご飯になってました(汗)
皆様も作り過ぎにはご注意を!

よろしければ、当社HPとFacebookにもお越しくださいませ!

当社ホームページ
http://yamano-motor.com/

当社、Facebook
https://www.facebook.com/yamanoautomoble/

只今、メカニック募集中です!
https://sites.google.com/view/yamanomotor/yamano-motor?authuser=2
posted by staff at 19:12| 保険